出かけよ blog

アウトドアの趣味を充実させて最高の人生を送る為のブログ。

バス釣り初心者の方におすすめ!〜レンタルボート釣行〜

レンタルボート釣行とは?

関東だと主に房総半島リザーバーで主流のレンタルボートにバッテリー式のモーターを付けて釣りを行うこのスタイル。 

エレキと言われる電気モーターは船舶免許不要で操縦できます(ボートの長さによっては免許が必要)。

私もこのスタイルの釣りが好きで久しぶりのバス釣りの際に立て続けに相模湖、新利根川等で利用した事で再びバス釣り熱に火がつきました。 

 

 

 

 

私がレンタルボート釣行にはまった理由

一番は陸からの釣り(オカッパリ)で歩きたくなかった事w  

狙った所にルアーを落とせない私は魚がいそうなポイントに上手く投げれずに木に引っ掛けたりガサガサやっている間に警戒心の強いバスは逃げてしまいます。 

その点ボートからだと上手く投げれそうな所へ容易に移動できます。 

それと私は一番助かっているのですが表層付近に引っかかったルアーであれば回収できるという事です。 

私のお世話になっているボート屋さんでは

レンタルボートの相場はエレキセットで約6千円です。

ルアーの相場を1500円とし1日でオカッパリで3〜4個なくしたらもうボート代と同じくらいになりますね。 

ルアーを底の障害物に引っ掛けてしまう根掛かりもコツがありまして

、引っかかったらルアーを引いてきた逆方向から引っ張ってみると取れる事が良くあります。 それでもダメな場合は根掛かり回収機を使いましょうw 

根掛かりルアーの回収率も上がるレンタルボートはお勧めです。 

 

 

  

 

バス釣りで重要なプレッシャー対策にも? 

ブラックバスは非常に警戒心の強い魚です。特に個体が大きくなればなる程、経験値が上がっていき危機察知能力が高くなっていきます。 

こちらはおもちゃを投げているつもりですが魚からしたら不気味な動きをする物には近寄らないですよねw 

プレッシャーが高いとは魚は多くの釣り人の気配を感じている可能性がある事を指します。

なのでダム湖などではボートからしか釣りができない所もあり比較的プレッシャーが掛かりにくい傾向にある為、釣りやすいという説もあります。 

 

釣れそうなポイントへのアクセスも良くその周辺に人がいなければ粘りたくなりますよねw

私はついつい同じ場所で粘り気味ですが一般的には長く粘るよりは色々なポイントを回った方が良いみたいなのでエレキは心強い味方です。 

レンタルボート釣行時の注意点

・ライフジャケットの着用は必須です。ボート屋さんで借りれますがダウンベスト並の威力があるジャケットは夏場には脱ぎたくなるので腰に巻くベルト式のライフジャケットがキャストもしやすくお勧めです。 

 

 ・乗り降りの際は要注意です。 ボートと桟橋に片足ずつ置いての荷物の搬入時は危険ですから落水しないようにご注意下さい。 

 

・乗船者への配慮も必要になってきます。ボート場は狭い為つい夢中になって竿を振った瞬間友人が釣れてしまうというのはよく聞く話です。 釣針は”かえし”がついて抜けにくい為救急搬送される方もたまに見かけので振りかぶる時は要注意です!

 

・他船への配慮も重要です。 

例えば岸沿いを並行に流している船があったら割り込みはしない事や、釣りをしている船の側は通らないもしくは仕方なく通る際はポイントに波が当たらない様、最徐行する等です。 

警戒心の強いバスは何度も飛んでくるルアーやボートの立てる波に違和感を感じ口を使わなくなります。 

また横入りなどは湖上でのトラブルに発展し兼ねないので楽しむ為にも譲り合いの精神が大事ですね! 

上級者の方は挨拶や声掛けを心掛けている印象です。

 

しっかりルールを守れば楽しく釣りもでき、なおかつ釣れる可能性が上がる?レンタルボート釣行はオススメですので是非ともお試し下さい! 

 

有難うございました。